ホームページと時代の流れ

1990年代、ホームページは極限られた人達しか利用できないモノでした。
現代のようにインフラが整いつつある状況ではなかった為、利用できるのは大手企業や一部の個人ユーザに限られていました。

そのような時代では、「ホームページを持っていると自慢になる」程度のモノでしかなく、厳しく云うなら独り善がりでも十分な感が有りました。
そもそも、インターネットは軍事利用の目的で開発されたネットワークの思想や資源を、一般でも使えるようにシフトしたものであり、当初は浸透するまでに時間も掛かりますし、絶対的に利用者数が少ないものでしたから、仕方が無いことなのかもしれません。

そして2000年代、ホームページの意義が大きく変わってきました。

「在れば自慢」から「在って当たり前」への移り変わり...。
そして更には、もう1歩先の役割を求められるようになりました。

カテゴリ

お問い合わせ

文字サイズ変更

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録